婚外恋愛 体験ブログ

富裕層だけに許された秘密のパーティ in デートクラブ│婚外恋愛ブログ

ユニバース会員だけの秘密のパーティに参加してきました。

感謝祭と銘打ったこのパーティ。ユニバースの会員なら誰でも参加できて、なんと男女ともに無料。

しかもデートクラブなら本来かかるはずのセッティング料もなく、フィーリングがあったらその場で連絡先交換OK。

なんならそのままデートからのエッチもOKという夢のイベント。

マジで夢の空間。

たぶん何も知らない人がパーティ会場を見たらかなり華やかな社交パーティ。

でも普通の社交パーティと大きく違う点が3つ。

  • 女の子は全員愛人希望
  • ヤレる可能性がある
  • 素人

女性の質はこんな感じ。

落ち着いた大人の女性。

出典:https://www.pourvous.co.jp/

初々しい女子大生。

出典:https://www.rb21st.com/

フェロモン香る大人の女性。

出典:https://gracebright.thebase.in/

顔、スタイル、立ち振る舞いも超一流の女の子がパーティドレスに身を包み、オジサンたちの品定めを受ける。

男80人、女110名というプチハーレム状態。

ヤバイ。控えめに言ってヤバイ。こんな空間がこの世に存在するなんて。

いざパーティ会場へ

パーティは日本の某所。

最寄り駅に降り立つと暑い。暑い。めちゃくちゃ暑い。

今年は「明日から本気出す」と言っていた夏が本気を出した年だ。

日本全国で最高気温や連続猛暑日を更新しまくった夏。記録更新は東京オリンピックまでとっておいてほしい。

さて会場は最寄り駅から10分。

タクシー使うのも微妙な距離。これくらいなら歩いてもいいかなと歩いた。しかし、すぐに後悔した。

これから女の子とワンチャン狙うってのに、汗だく。服が汗でびっしょり。

汗だくになりながらついた会場はなんと船上ダイニングバーの貸し切り。

超おしゃれ。嫌でもテンションが上がってくる。

船内にはピンク色のポロシャツを来たスタッフさんがたくさん。もちろんユニバース倶楽部の社員さん。

受付を済ませると名札とテープが渡される。名札はもちろん倶楽部ネーム。

テープは会員がピンク色、非会員は緑色とひと目でわかるように工夫されている。
※会員専用のイベントであるが、友達連れはOK。

主催のユニバース倶楽部としては新規会員を増やす目的もあるのだろうが、参加者としては微妙。

というのも興味本位で来ているだけなら、愛人候補にならない。また、2人組、3人組だと友人と喋っていて話しかけづらい。

それはさておき、早くつきすぎたため、パーティ開始まで30分を船内で待つ。

そうこうしているとぞくぞくと会員が登場。

早くついたがために、受付に来ている女の子を1人1人じっくり品定めできる。上から下までじっくり。

来る女の子、来る女の子、正直ヤバイ。

こんなかわいい子たちが全員愛人希望?

というのが正直な感想。

今日決めている作戦はこうだ。

せっかく高級デートクラブ「ユニバース」に登録したんだから美女の一本釣り。

今まで使っていた出会い系のように数撃ちゃ当たる作戦は一旦封印。

パーティ開始

そうこうしているうちにパーティ開始。

船上パーティの様子はこんな感じ。
※プライバシー&秘密のデートクラブの特性上、モザイクを強めにかけています。

パーティは立食形式の3時間。

司会はいるものの完全フリーでお目当ての女の子に話しかける感じ。

まぁ、正直コミュ障のぼくには「お好きにどうぞ」っていうのはけっこうきつい(笑)

それでもせっかくのチャンス。美女とワンチャン狙いたい!

1人目:浴衣美人

まず目をつけたのは浴衣美人。

出典:https://www.pinterest.se/
暑い夏に映える涼やかな立ち振舞で一際目を引く。

アップされてあらわになった、うなじに色気が漂う。

おそらく本日の一番人気。開始早々ライバルが群がる。コミュ障にはちと難易度が高い。

あとでタイミングを見計らって声を掛けるつもりで、一旦スルー。

2人目:色気漂う二人組

周りを見回す。そうするとそこそこ美人でフェロモンがある美女二人組を発見。

幸い声をかけている男性も不在。

とは言え、正直それほどタイプでもなかったが、練習と思って話しかけた。

話しかけた瞬間後悔した。1人はあからさまに退屈そう。。。

いや、まぁ、こちらのトークが未熟というのもあるが。

早々に撤退(;´Д`)

3人目:フェロモンギャル


出典:https://news.tokimeki-s.com/
次に目をつけたのはギャル。

身体のラインが出るドレスでスタイル抜群。それでいて胸元がゆるく、覗く谷間がエロい。

こちらはオジサンたちに人気。ただ、ふと見ると周りに誰もいなくてチャンス!

ということでアタック。

しかし、声をかけて1分程度でオジサンがカムバック。

なんと女の子のために飲み物を取りに行ってた模様。

大きな声と暑苦しい見た目。「ザ・おじさん」という印象。帰ってくるなり、敵意むき出して女の子に弾丸トーク。

そんなに必死にならなくても引きますよ。そういう取り合いは性格に合わないのでこちらも早々に撤退(;´Д`)

4人目:長身スレンダー美女

次に狙ったのは長身ながら童顔のかわいい女の子。

たぶん175cmくらい。真っ白なドレスだったことや頭1つ突き出た顔から振りまかれる愛想のよい笑顔。会場で一際目を引く。

こちらも男性から大人気だったものの、低身長のオジサンにもノリ良く、愛想よく話す姿が気に入っていた。

たまたま周りに誰もいなかったので声かける。

するとこちらでも1分ほどでオジサンが飲み物を持って戻ってきた。

俺タイミング悪すぎ!

もう呪われているかのよう。

しかも、またもや声の大きい「ザ・おじさん」だったので、あえなく撤退(´;ω;`)

スタッフさんからの助け舟

弱肉強食の世界なので、別になんてこともないんだが、傍目にはいたたまれなくなったのかユニバーススタッフさんが声をかけてくる。

スタッフさん「どうですか?収穫ありますか?」

ぼく「今のところは全然」

スタッフさん「そうですかー」

ぼく「あ、でもまぁ、せっかくの高級デートクラブなんで、自分の気に入った子だけ一本釣り戦法で行きますよ。」

スタッフさん「もし気に入った子がいたら、連れてくるので声かけてくださいね!」

ぼく「はーい」

すると、スタッフさんが美女2人組を連れてきた。

スタッフさん「この子たち今来たばっかなんですよー。どうぞどうぞ。」

5人目:韓国系美女2人組


心の準備もしていないまま連れてこられた美女。

今流行りの赤い口紅をした韓国系の美女。もちろん、スレンダーでスタイル抜群。

ここでなんと・・・

なんと・・・

LINEゲット!

会員は左の子。右の子はたぶん一緒に来てたお友達。

作戦変更

ようやく一人と連絡先を交換したものの、コミュ障のぼくにはなかなかハードルは高い。

確かに男性が30人ほど少なくハーレム状態のはずなのに、なかなかお目当ての女性とゆっくり話せない。

そこで開発した攻略法がある。

気に入った女の子の名前を片っ端から控えること。

パーティ参加者は全員受付で渡された名札をつけている。その名前さえ控えておけばユニバースのサイトで検索できる。

こんな感じ。

実はこの方法。隣に居合わせた男性会員から教えてもらった。

すでに何回もイベントに参加している歴戦の勇者らしい。

おじさん「こういうイベントは見本市と思ったらいい。顔、スタイル、背格好、ファッション、とりあえず見た目で自分好みの女性を見つける。そして名前さえ控えておけばあとでサイトでゆっくり見られる。趣味や交際タイプも。いくら無料だからと言って、この場で連絡先を交換しても交際タイプが合わなかったり、フィーリングが合わなかったりするので効率が悪い。がっつくのは具の骨頂。」

ぼく「(ちょ、神か)」

おじさん「あの子、見てみ。愛想も良く人気だがさっき交際タイプみたらA(身体の関係は絶対NG)だった。正直いくらかわいくても狙う意味はない。」

なるほど、さすがだ。

確かにあとで確認したところ、1人目と4人目の人気の高かった女性2人は交際タイプAだった。

イベント攻略法

今回参加して思ったのが、店内がうるさくてお互いの声は聞こえないし、男同士の競争もあるからゆっくり女の子と話せないということ。

まぁそれはなんとかなるとしても、コミュ障なぼくが特に困ったのが話題づくり。

普段なら顔やプロフィールなど話題が合いそうか確認した上でデートできるので、話題を作りやすい。

しかし、今回は何の情報もないところからお互いの共通の話題を探さないといけない。

正直、コミュ障としてはなかなかハードルが高かった。

中でも致命的だったのが、「交際タイプ」がわからないこと。

気に入った女の子がいてもその子がヤれる女の子なのか、身体の関係はNGなのかデートクラブにおいて一番重要な情報がわからない。

こればかりは、まさか面と向かって交際タイプはなんですか?とは聞けない。「ヤれる?」と聞いているようなもんだからだ。

頑張って話を広げても、結果的に交際タイプA(セックスはNG)ということもある。

実際、さっきも言った通り、一番、二番人気だった美女はふたりとも交際タイプAだった。

とは言え、居合わせたオジサンからもらった作戦にしてからは収穫も合った。後半に作戦を変えてからは気になる女性の名前を5人ほどメモった。

今ちょうどサイトを見ているが、うち2人とフィーリングが合いそう。オファーを出してデートする予定。

まぁこんなイベントもたまにはいい。

個人的は、「富裕層だけに許された秘密のパーティ」というプレミア感が優越感にひたれてその場にいるだけで楽しかった。

次回はなんと浴衣パーティやビキニパーティなんかもあるらしい。

期待が大きい。

・イベントでは気に入った女の子の名前を控える。
・後日サイトでプロフィールを確認。
・フィーリングが合いそうならオファーを出す。